野々村直通のwikiプロフ!妻や娘の年齢は?経歴や現在の職業は?【爆報フライデー】

こんにちは、こけみどりです。

高校野球部の監督として甲子園に出場し、

試合敗退後「切腹して死にたい」と

発言して問題になった「ヤクザ監督」こと

野々村直通さんが「爆報フライデー」に

出演します。

野々村直通さん、高校教諭時代は

美術家の先生だったそうで、

外見からは想像できませんが(失礼)

絵がかなりお上手のようです。

今回は、そんな異色の経歴を持つ

野々村直通さんのwikiプロフィールや、

家族(妻・娘)のこと、今までの経歴や

現在の職業について調べてみました。

目次

  • 野々村直通のwikiプロフィール!出身高校や大学は?
  • 野々村直通の結婚した妻と娘の年齢は?
  • 野々村直通の経歴や現在の職業は?
  • まとめ

野々村直通のwikiプロフィール!出身高校や大学は?

出典:http://www.sanin-chuo.co.jp

名前:野々村 直通(ののむら なおみち)

生年月日:1951年12月14日(年齢67歳)

出身地:島根県雲南市

出身高校:島根県立大東高等学校

出身大学:広島大学 学校教育学部 美術家

所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

野々村直通さんは、高校野球部の監督として

有名ですが、ご自身も大学生時代に

硬式野球部で活躍していました。

野々村直通さんが大学2年時に

広島六大学の首位打者を獲得、

4年時には、主将として

全日本大学野球選手権大会に

初出場を果たしたそうです。

また、野々村直通さんが絵に親しむ

きっかけとなったのが、父親の職業で、

京都の西陣織の下絵書きをする芸術家だったので、

その影響で幼い頃から絵を描いていたそうです。

出典:https://www.excite.co.jp

自画像が本当にリアルで特徴を

しっかりつかんでますね!

野々村直通さんが高校野球の監督を

していた時は、野球部の選手が卒業する際、

1人ひとりの似顔絵と言葉を

贈るようにしていたそうです。

出典:http://www.nonomura-naomichi.com

指導に熱が入ると怒声が飛ぶなど、

周囲から怖がられる存在でありながらも、

かつての教え子らに慕われる姿は、

厳しい指導の裏にこのような愛情が

にじんでいたからなのだと思います。

野々村直通の結婚した妻と娘の年齢は?

出典:http://nadesiko-action.org

野々村直通さんは、現在結婚されていて、

娘さんが2人いらっしゃいますが、

妻・喜代子さんは、年齢63歳、

長女・まり子さんは、年齢38歳です。

野々村直通さんの「愛のムチ」は

家庭でも徹底していて、娘に対する

しつけも相当厳しかったようです。

次女が小学校3年生のころ、とある理由から、髪をつかんで自宅のリビングで引きずり回したというのだ。そんな目に合った娘は、いまだに「私はモップになった」と、当時を振り返るそうだ。

出典:http://news.livedoor.com

韓国ドラマの女同士のけんかで

髪の毛のつかみ合い引っ張り合いは

あるけれど、「男と女」「大人と子供」という

組み合わせでその状況になるのは、

かなり冷や冷やさせられますね。

私が小さい頃は、親の言うことを

聞かなかった時に真っ暗なトイレに

入れられてギャン泣きしてたそうです。

野々村直通さんが父親だったら、

私の心は折れていたかもしれません(笑)

野々村直通の経歴や現在の職業は?

出典:http://news.livedoor.com

野々村直通さんは、2012年3月まで

高校野球の監督をしていましたが、

定年退職のため監督を退任し、

現在は画家・教育評論家として

活動しています。

野々村直通さんの経歴を

年代順にまとめてみました。

  • 1974年 広島大学 教育学部 美術科 卒業
  • 1974年 広島県立府中東高等学校 美術教師・野球部監督
  • 1979年 広島県立府中東高等学校 野球部が春の甲子園出場
  • 1985年 松江日本大学高等学校 野球部監督
  • 1986年 松江第一(現:開星)高等学校 赴任
  • 1988年 松江第一(現:開星)高等学校 野球部監督
  • 1993年 松江第一(現:開星)高等学校 野球部が夏の甲子園出場

野々村直通さんは、開星高校の野球部を

合わせて春2回、夏7回、甲子園へと導きました。

野々村直通さんが、世間を騒がせた

「21世紀枠に負けたのは末代までの恥。

切腹して死にたい」という発言は、

2010年の甲子園インタビューでの一幕。

この騒動をきっかけに野々村直通さんは

一度野球部監督を辞任しましたが、

約8000人の監督復帰嘆願の署名が集まり、

2011年4月から監督に復帰していました。

発言の過激さで世間は騒ぎましたが、

野々村直通さんの近くにいる人たちは、

野球部に対するひたむきさから出た

言葉だったのだと分かっていたのでしょうね。

8000人もの人が、野々村直通さんの

野球部監督復帰を願って署名したのは、

それだけ監督としての信頼が

あったからなのだと思います。

現在野々村直通さんは、教育評論家として

青少年育成、野球、組織論やチームワークに

関する講演活動を行っています。

「5年で甲子園出場する」という目標を

掲げて、実際に野球部をまとめ上げて

目標を達成してきた方法は、現代から見れば

荒っぽい部分もあるかも知れませんが、

教育の現場で取り入れるべき部分も

少しはあるような気がします。

野々村直通さんが得意な油絵で

個展を開くほどの実力を持つ女優

(広島カープ監督の妻)の記事はこちら!

「緒方かな子(女優)の家族は?特技の油絵の作品や広島カープの絵本は?」

まとめ

野々村直通さんは、高校野球部の監督として

甲子園出場の実績のある方で、

現在は画家・教育評論家として活動しています。

野々村直通さんの家族は、妻、娘2人で

厳しいしつけを受けながらも、父の仕事を

温かく応援する娘さんの姿を見て、

親としての教育も間違っていなかったんだなと

感じました。(グレなくて良かった)

野々村直通さんの教育論には

賛否両論あるかと思いますが、

一定の実績をあげている以上、

ある程度正しい側面もあるのでは

ないでしょうか。

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする