南雲吉則(医師)の経歴や昔の画像は?ごぼう茶のダイエット効果は?【主治医が見つかる診療所】

こんにちは、こけみどりです。

私の友達の中に1人、健康オタクな子が

いるのですが、その子が尊敬して

やまない医師、南雲吉則さんが

「主治医が見つかる診療所」に

レギュラー出演しているそうです。

その健康オタクな友達から、

色々勧められた食べ物の中で、

(アーモンドとかアボカドとか)

取り入れられるものは取り入れて

実践した中で一番効果が実感できたのが

南雲吉則さん自身も愛飲している

ごぼう茶でした。

そこで今回は、南雲吉則さんの

wikiプロフィールや妻や子供のこと、

学歴や経歴のこと、昔の画像や

ごぼう茶の作り方と効果について

調べてみました。

目次

  • 南雲吉則(医師)のwikiプロフィール!妻や子供はいる?
  • 南雲吉則(医師)の学歴・経歴は?昔と今の画像を比較!
  • 南雲吉則推奨のごぼう茶の作り方とダイエット効果は?
  • まとめ

南雲吉則(医師)のwikiプロフィール!妻や子供はいる?

出典:http://proidea.pro

名前:南雲 吉則(なぐも よしのり)

生年月日:1955年8月1日(年齢63歳)

出身地:群馬県

星座:しし座

職場:ナグモクリニック 総院長

専門:乳腺、アンチエイジング、ダイエット

その他役職:

  • 東京慈恵会医科大学 非常勤講師
  • 近畿大学 非常勤講師
  • 韓国東亞医科大学 客員教授
  • 中国大連医科大学 客員教授

所属事務所:生島企画室

健康オタクな友達が崇拝している

南雲吉則さん、見た目で勝手に

40代くらいなのかなって思ってたけど、

現在の年齢63歳とは・・・驚きです。

その友達も、普段1人でご飯食べる時は

炭水化物とらないし、間食にバナナとか

アーモンドとか食べてるし、私から見たら

十分ストイックなんですが、

南雲吉則さんはさらにその上を

行っていました(笑)ここまでは出来ないよ。

南雲吉則さんの生活習慣の一部を

紹介させていただきます。

* 朝起きたらすぐに牛蒡茶を飲む。
* 夕食のみの一日一食。( 一日の総摂取熱量は515 kcal )
* 穀物は全粒で食べる。
* 野菜は生ではなく、火を通してから食べる。
* 野菜は葉ごと、皮ごと、根っこごと食べる。
* 魚は頭ごと、腹ごと、骨ごと食べる。
* 腹六分目に食べるようにする。
* 卵、豆、種、芽を食べすぎない。
* 糖分、塩分、脂分を控える。
* 肉を食べない。
* お菓子を食べない。
* カフェインを摂らない。
* 喫煙者に近寄らない。
* 紫外線を徹底的に避ける。( 日傘を常時携帯 )
* 毎日30分間のウォーキングをする。
* スポーツは、寿命を縮める行為。
* 夜10時から午前2時までの時間帯は熟睡する。

出典:https://matome.naver.jp

この生活習慣を意志の弱い我々一般人が

どこまで守れるのだろうか(爆)

最後の段落で詳しく説明しますが、

ごぼう茶って作るのが結構面倒なんですよね。

じゃあ買えばいいじゃんって話なんですが、

そこまでして飲もうとも思えない私。

きっと体内・体外ともに少しずつ

衰えていることでしょう・・・。

そうそう、南雲吉則さんの妻と子供ですが、

結婚されていて息子さんと娘さんがいます。

息子さんは2007年時点で大学3年生なので、

現在は、だいたい30歳過ぎくらいかな?

娘さんは2010年時点でだいたい3歳くらいに

見えたので、現在は11歳か12歳くらいでしょうか?

こんな感じで、息子と娘の年齢が離れていることと、

ネット上に出ている妻の写真が若いことを

指摘して、前妻と離婚後、再婚したのでは?

という噂もありました。可能性はなくもない。

南雲吉則さんが韓国で受けたインタビューの中で、

妻も子供も全員医師ということが書いてあったので、

奥さんも息子さんも医師として

働いているようです。

南雲吉則(医師)の学歴・経歴は?昔と今の画像を比較!

出典:http://blog.terucare.com

南雲吉則さんの出身高校は、

駒場東邦高等学校(1974年卒業)で、

出身大学は、東京慈恵会医科大学

(1981年卒業)でした。

大学卒業後の南雲吉則さんの経歴を

簡単にまとめてみました。

  • 1981年4月 東京女子医科大学形成外科で研修医として勤務
  • 癌研究会付属病院 外科
  • 東京慈恵会医科大学 第一外科乳腺外来 医長
  • 1990年 医療法人社団ナグモ会ナグモクリニックを開設
  • 1994年6月 東京慈恵会医科大学より博士(医学)を取得

南雲吉則さんは、医師として活動しながら、

テレビ、ラジオ、雑誌などでも活躍しており、

2015年に、60歳以上の生き方が輝いている人に

送られる「第1回プラチナエイジ授賞式」で

プラチナエイジストを受賞したそうです。

本当に内側からも外側からも輝いている

南雲吉則さんにぴったりの賞ですね。

今でこそ輝いている南雲吉則さんですが、

30代の頃は実年齢より老けて見られる

典型的なメタボおじさんだったとか。

出典:https://www.youtube.com

外見の変化だけでなく、56歳の時点で

脳年齢38歳、骨年齢28歳、

血管年齢26歳だったそうなので、

上記の生活をするだけで(・・・だけ?笑)

健康で長生きできそうです。

南雲吉則推奨のごぼう茶の作り方とダイエット効果は?

出典:https://www.kinokuniya.co.jp

南雲吉則さんが毎朝飲んでいるごぼう茶。

健康オタクの友達に教えられて

作ってみました。正直手間かかります。

作り方は以下の通りです。

  1. ごぼう2、3本をタワシで洗い、泥を落とします。皮は剥きません。
  2. ピーラーでささがきにします。この時、水にさらしてはいけません。
  3. 乾燥するまで天日干しにします。
  4. フライパンで乾煎り(からいり)して、こげる寸前まで焙煎します。
  5. 乾燥ゴボウ適量を急須に入れ、沸騰したお湯を注ぎます。しばらく置いたら、出来上がり。

出典:https://kumiko-jp.com

調理するなら水につけてあくを抜きますが、

ごぼう茶を作る時はそれやったら

だめみたいです。体にいい成分が

ごぼうから逃げちゃうらしい。

天日干しについても、屋外だと

虫とか寄ってきそうで嫌だったので、

私は屋内の日当たりのいい所で

乾かしてました。屋外よりは

少し時間がかかるかも・・・。

そして一番難しかったのが、

フライパンで焦げる寸前まで煎る作業。

いや、弱火でも普通に焦げて行きました。

ピーラーでささがきにしたら薄いからね。

そのように色々失敗しながらも

焦げてない部分で入れたごぼう茶は、

驚くほど香ばしくて美味しかった。

私の場合は、味よりも香りが好きでした。

気になるごぼう茶のダイエット効果ですが、

1週間くらいしか続けてないので

正直そこまで体重は変わっていませんでした。

ただ、ごぼう茶生活を続けてたら、

ダイエット効果も期待できたのかな~という

実感はありました。

というのも、普段便秘気味で

2~3日に1回しか便通がないのに、

ごぼう茶を飲み出してから毎日お通じが

ありました。

で、それと連動して肌の調子が

ものすごく良くなりました!

作るのは大変だけど、飲むだけで

体の内側からきれいになってる感じ。

高い基礎化粧品買うくらいなら、

ごぼう茶買う方がいいのでは?と

思ったりしました(今は飲んでないけど)

糖尿病、肥満症、メタボリックシンドロームが専門の医師の記事はこちら!

「宮崎滋(医師)のwikiプロフ!出身や年齢は?高校・大学や経歴は?専門はメタボ?」

まとめ

南雲吉則さんは、現在年齢63歳、

群馬県出身の医師で、

乳腺、アンチエイジング、ダイエットを

専門としており、ご自身も

独自の(ストイックな)健康法で、

美と若さとキープしておられます。

南雲吉則さんの出身高校は、

駒場東邦高等学校で、出身大学は、

東京慈恵会医科大学でした。

南雲吉則さんが毎朝飲んでいる

美と健康の秘訣ともいえるごぼう茶ですが、

作るのは非常に面倒、ただし飲んだ後の

リターンも大きいので、飲んだことがない方は

ぜひ一度だまされたと思って

作るか買うかして試してみてもらいたいです。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする