長岡秀貴のwikiプロフィール!学歴や経歴は?結婚した妻・子供の画像は?【ハートネットTV】

こんにちは、こけみどりです。

若者の自立と就労を支援する学校

「侍学園」の理事長で、映画化された

「サムライフ」の著者でもある

長岡秀貴さんが「ハートネットTV」に

出演します。

高校教師を辞めて、生き辛さに苦しむ

若者たちのために民間の教育施設を

立ち上げた「サムライ」長岡秀貴さんの

wikiプロフィールや出身高校・大学、

経歴や結婚した妻・子供の画像について

調べてみました。

目次

  • 長岡秀貴のwikiプロフィール!サムライフとは?
  • 長岡秀貴の出身高校・大学や経歴は?
  • 長岡秀貴の結婚した妻・子供の画像は?
  • まとめ

長岡秀貴のwikiプロフィール!サムライフとは?

出典:http://www.bitters.co.jp

名前:長岡 秀貴(ながおか ひでたか)

生年月日:1973年4月25日(年齢45歳)

出身地:長野県上田市

血液型:不明

星座:おうし座

職業:侍学園スクオーラ今人 理事長

趣味:テニス・ゴルフ・仕事

好きな場所:沖縄恩納村・上田市・サムガク

得意科目:美術・家庭科

長岡秀貴さんの名前をネットで

検索した時に、「サムライフ」という

本と映画の情報が出てきました。

長岡秀貴さんは、2003年に

「ダッセン:脱・教師」、

2007年に「サムライフ」、

2018年に「HOPE ひとりでは

割れない殻でもみんなとなら溶かせる」を

出版しています。

長岡秀貴さんの著作の中で、

映画化されたのが「サムライフ」。

長岡秀貴さんが主人公のモデルとなっていて、

高校教師を辞めてから、理想の学校を

創るまでの奮闘をつづった

ドキュメント作品です。

出典:http://www.bitters.co.jp

映画版「サムライフ」には、

三浦貴大さんや松岡茉優さんら、

話題作に多数出演している

俳優・女優が出演していたことでも

話題になりました。

長岡秀貴の出身高校・大学や経歴は?

出典:https://socialnews.rakuten.co.jp

長岡秀貴さんの学歴についてですが、

出身高校は、上田西高等学校で

出身大学は、常葉学園大学の

教育学部でした。

長岡秀貴さんは、高校生の時に

野球部に所属して、甲子園を目指して

活動していましたが、原因不明の

左半身麻痺で車椅子生活に送ることを

余儀なくされます。

担当医師に「歩く事は絶望的」と

宣告されますが、恩師の励ましと

リハビリの結果、日常生活が

送れるまでに回復したそうです。

そして、教師を志していた大学時代に、

生き辛さに苦しむ若者たちの現状を目にし、

そのような若者たちのための学校を

設立したいと考えるようになったそう。

1996年に大学を卒業した長岡秀貴さんは、

母校の高校で5年間の教師生活の後、

自分の学校を作りために退職。

2003年に自叙伝「脱・教師ダッセン」を出版、

2004年春、長岡秀貴さんが30歳の時に

「認定NPO法人 侍学園スクオーラ・今人」を

地元上田市に設立して、理事長に就任しました。

現在は、侍学園の活動のほかにも、

総合病院の小児科で心理相談室を開設し

不登校児の相談を受けたり、

教育についての講演活動をしたり、

若者が充実した人生を送れるように

活動しています。

夢を一歩ずつ着実に実現させている

長岡秀貴さんの意志の強さが感じられますね。

侍学園・サムガクでは、通学型と合宿型があり、

授業の内容は1人ひとりの目標に合ったものを

選ぶことができるそうです。

入学から卒業までの年数も決められておらず、

サムガクを卒業する最低条件が、

「仕事に就くこと」なので、就労して

自活できるようになるまでが

サポートの範囲になるそうです。

長岡秀貴の結婚した妻・子供の画像は?

出典:http://samugaku.com

見た目はお若いですが、現在年齢45歳の

長岡秀貴さんは、結婚されていて

子供もいらっしゃいます。

長岡秀貴さんが建てた新築の家の情報の中に

長岡秀貴さん家族の画像が出ていました。

長岡秀貴さんの建てた家、妻・子供の画像はこちら

この家を建てたのが、長岡秀貴さんが

26歳のときなので、今は子供がもう1人

2人産まれて、より賑やかに

なっているかもしれませんね。

まとめ

長岡秀貴さんは、悩める若者のために

侍学園スクオーラ今人という学校を

立ち上げた教育者です。

長岡秀貴さんの出身高校は、

上田西高等学校で、出身大学は、

常葉学園大学の教育学部でした。

長岡秀貴さんは、結婚されていて

子供さんもいらっしゃいます。

普通の学校ではサポートしきれない

若者の受け皿として、今後もサムガクの

存在意義が高まっていくように感じます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする