小関鈴子(キルト作家)のwikiプロフィール!年齢や経歴は?作品や生地が買える店は?

こんにちは、こけみどりです。

NHK「すてきにハンドメイド」で

キルト作家の小関鈴子さんが、

A5サイズのノートカバーの作り方を

紹介してくれるそうです。

パッチワークキルトで作った

かばんやポーチもかわいいですし、

小関鈴子さんのデザインした生地も

おしゃれなものが多いんです!

今回は、キルト作家の小関鈴子さんの

wikiプロフィール、年齢や経歴、

作品の画像や生地が買えるお店を

調べてみました。

目次

  • 小関鈴子のwikiプロフィール!年齢や出身は?
  • 小関鈴子の経歴やキルト作品の画像は?
  • 小関鈴子のデザインした生地はどこで買える?
  • まとめ

小関鈴子のwikiプロフィール!年齢や出身は?

出典:https://clochette5.exblog.jp

名前:小関 鈴子(こせき すずこ)

生年月日:非公表

出身地:東京都

最終学歴:文化服飾学院(専門学校)

職業:キルト作家、キルト教室「La Clochette」主宰

パッチワークキルトの本も多数

出版していて、デザインした生地の

ファンも多い小関鈴子さん。

年齢がおいくつなのか気になったので

調べてみましたが、生年月日は

公表されていませんでした。

一方で小関鈴子さんの出身地は

プロフィールに記載があって

東京都出身とのことでした。

小関鈴子さんの出身校、文化服飾学院は

東京都渋谷区代々木にある学校で、

服飾・ファッションの分野で専攻や

コースを選べるようです。

文化服飾学院の卒業生には、

ドン小西さんやピーコさんなどが

いるそうです。ここで学べば、

ファッションチェックができるように

なるのかな?(笑)

小関鈴子さんのテレビでの装いも

毎回ファッショナブルで上品なので、

ファッションのセンスを学びたい

学生さんは要チェックの専門学校ですね。

NHK「すてきにハンドメイド」で

小関鈴子さんが紹介してくれる

マーガレットのアップリケも

気になるところです。

小関鈴子の経歴やキルト作品の画像は?

出典:https://www.metlife.co.jp

小関鈴子さんは、1978年から

パッチワークを学び始めたそうです。

ということは、パッチワークキルトを

始めてから、約40年のキャリア!

20代でキルトを始めていたとしたら、

現在年齢60代ということになりますね!

1987年に「チャックス

パッチワークスクール」に入学、

野原チャック氏に師事し、キルトの

色合わせの楽しさや奥深さを

知っていったそうです。

作品を作る過程よりも、どの布を

合わせて作っていこうか考える時間が

楽しかったりしますもんね。

小関鈴子さんは、パッチワークスクール

「ハーツアンドハンズ」の講師を経て

現在は「La Clochette」を主宰、

自宅で少人数制の教室を開き、

ヴォーグキルト塾で講師を務めています。

小関鈴子さんの受賞歴は、

1985年に「日本のキルト50人展」出品、

1990年に「花の万博記念国際キルト展」で

特別賞を受賞していました。

そして小関鈴子さんのキルトの作品ですが、

大人のかわいさとシックさを併せ持つ

スタイルのキルトでファンが多いそう。

小関鈴子さんがどんな作品を作っているのか

一緒に見て行きましょう!

出典:https://www.tezukuritown.com

色の配置がばらばらのように見えて

全体で見たらすっきりきれいに

見えてしまうのが不思議です。

そして小関鈴子さんオリジナルの

かばんもスタイリッシュでおしゃれです。

やっぱり色の組み合わせって

大事なんですね。

出典:http://clochette5.cart.fc2.com

こうやって手芸作品を見てると

自然と創作意欲が湧きでてきますね(笑)

小関鈴子さんの作品からエネルギーを

感じます。

小関鈴子のデザインした生地はどこで買える?

出典:https://clochette5.exblog.jp

パッチワーク未経験者ですが、

作品を作っていく上で生地って結構

重要だと思うんです。

全部上等な生地にする必要はないかも

しれないけど、アクセントとして

かわいい模様の生地を使ったら

全体が華やかに見えそうですよね。

小関鈴子さんのことを調べる中で、

パッチワークキルト作品に使う

生地のデザインもされていることが

分かりました。

出典:https://cottongarden.jp

上の画像の他にもかわいい生地が

たくさんあるので、パッチワーク生地を

探している人は、必ずお気に入りの生地が

見つけられそうな場所です!

パッチワーク専門店「コットンガーデン」

ブログ「La Clochette」

私は編み物が趣味なので、

おしゃれな生地と毛糸を組み合わせて

作品を作ったら、化学反応が起きて

よりかわいいものができるかもしれませんね。

まとめ

小関鈴子さんは、東京都出身の

キルト作家で、ドン小西さんや

ピーコさんと同じ文化服飾学院の

卒業生でした。

小関鈴子さんの師匠は野原チャック氏で、

過去のキルト作品は、ずっと飽きずに

見ていられるほどきれいでした。

やっぱり私こういう世界好きです。

小関鈴子さんは、生地のデザインもされていて、

お買い求めの場合はネットで購入できます。

色も種類も柄も豊富なので、

きっと自分がほしい生地が

見つかると思います。

最後までお付き合いいただき、

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする