磯風漕友会とは?「フジヤマ」出演メンバーは相生ペーロン祭11連覇の実力者!

こんにちは、こけみどりです。

2019年の元日に放送の「フジヤマ」に

磯風漕友会というチームが出ています。

初めて名前を聞くチームです。

磯風漕友会とは何のチームなんだろう?

メンバーはどんな人たちなんだろう?

磯風漕友会や、そのメンバーについて、

磯風漕友会が行うペーロン競技について

調べてみました。

目次

  • 磯風漕友会とはどんなチーム?最近の戦績は?
  • 磯風漕友会が競技するペーロンって何?
  • 磯風漕友会の「フジヤマ」出演メンバーは?
  • まとめ

磯風漕友会とはどんなチーム?最近の戦績は?

出典:https://ganref.jp

名前:磯風漕友会(いそかぜそうゆうかい)

監督:河田 英幸(年齢54歳)

コーチ:松野 孝政(年齢41歳)

主将:鈴木 悠矢(年齢28歳)

今季のスローガン:全員主役で全員脇役

磯風漕友会は、兵庫県相生市で活動をしている

ペーロン・ドラゴンボートのチームです。

磯風漕友会は、1998年に相生市立看護専門学校の

卒業生や在校生で結成されました。

はじめは「素人ばかりの雑草集団」(河田監督)

だった磯風漕友会が、日々の猛練習の末に

2008年の日本選手権で見事に初優勝を

果たすまでに至ったそうです。

磯風漕友会のメンバーは、

年齢18歳から43歳まで幅広くいて、

現在は、国際大会を経験してきたベテラン勢が

重要なレースの出場を若手に譲り、

経験を積ませてチーム力の底上げを

図っているそう。

素人が集まって始めたとは思えないほど、

最近の戦績は「強い!」の一言です。

2018年5月に開催された「相生ペーロン祭」の

男子競漕で優勝して11連覇を果たしています。

2位との差が僅差で、

ハラハラする展開だったようですが、

それを乗り越えて結果を出しているところに

磯風漕友会のチームとしての底力を感じます。

2018年7月に行われた日本国際

ドラゴンボート選手権大会でも、連覇を達成。

勝つための練習は、ハードだと思うけれど、

河田英幸監督を中心にしっかりまとまって

チームワークが作れているところが

磯風漕友会の強みのように感じました。

磯風漕友会が競技するペーロンって何?

磯風漕友会が競技しているペーロンって

どんな競技なんだろう?

初心者には馴染みのない言葉です。

ペーロンは、中国語の白龍(パイロン)が語源で、

主に長崎で行われる競漕のことを指します。

ペーロンは、細長い船に20~30人が乗り、

速さを競う中国伝来の競技だそうです。

メンバーは、指揮者、舵取り、銅鑼打ち、

太鼓打ち、アカ取り、漕手で構成されます。

オリンピックでは、ペーロンではなく

ドラゴンボート(ドラゴンカヌー)と

呼ばれているようなので、

ほぼ同じ競技なのかな?

一応ドラゴンボートも調べてみました。

ドラゴンボートは、漕ぎ手20人、

かじ取り1人、太鼓手1人、補欠3人の

最大25人でチームが構成されます。

使用されるボートは、長さ12・33メートル以上

12・5メートル以内、幅1・14メートル以上と

決められています。

音を鳴らしながら、速さを競うって

何だか難しそうですね。

観客としては見応えがあって楽しそうだけど。

長崎に伝わったペーロンが、どうやって

相生に伝わったのか、相生市のHPに

紹介されていました。

大正11年に長崎県出身の播磨造船所従業員によって伝えられ、終戦までは毎年5月27日の海軍記念日に同社構内天白神社の例祭として、ボートレースと共に行われて来ましたが、この異国情緒あふれるペーロン競漕を絶やすことなく続けたいと、戦後、市・商工会議所・播磨造船所の共催による「相生港まつり」として開催し、また前夜祭として花火大会も行われるようになり、現在の祭りの基礎ができました。
昭和37年には市、商工会議所、石川島播磨重工業の三者により「相生ペーロン祭協賛会」を結成し、翌昭和38年からは「相生ペーロン祭」の海上行事として、ドン!デン!ジャン!と、中国特有の銅らと太鼓の音に合わせて力漕する姿は、まさに龍が水面を駆けるように壮観そのもので、盛大に行われております。

出典:https://www.city.aioi.lg.jp

磯風漕友会の「フジヤマ」出演メンバーは?

元旦の「フジヤマ」に出演して、

世界のNO1と競う磯風漕友会の

メンバーが、ブログで紹介されていました。

松野 孝政 (左1漕) キャプテン

勤務先:半田中央病院 病棟主任

ニックネーム:まっちゃん

ペーロン歴:16年

池田 秀幸 (右1漕)

勤務先:魚橋病院 病棟主任

ニックネーム:かずパパ

ペーロン歴:20年

隠浪 博之 (右3漕)

勤務先:公立神埼総合病院

ニックネーム:隠ちゃん

ペーロン歴:19年

木下 大輔 (左3漕)

勤務先:IHI播磨病院

ニックネーム:ダイスケ

ペーロン歴:16年

中野 有彦 (右2漕)

勤務先:魚橋病院 相生市議会議員

ニックネーム:くにちゃん

ペーロン歴:15年

安黒 和久 (左2漕)

勤務先:西播磨水道企業団

ニックネーム:一郎

ペーロン歴:18年

「フジヤマ」に出演される皆さん、

ペーロン・ドラゴンボート歴が

15年以上というベテランばかりです。

そして普段は、病院などで普通に

勤務されているんですね!

練習時間はどうやって作っているんだろう?

メンバーのストイックさが伝わってきます。

日々の練習や、世界大会での経験を

活かして、「フジヤマ」でも素晴らしい

競漕を見せてくれると思います。

まとめ

磯風漕友会は、兵庫県相生市で活動をしている

ペーロン・ドラゴンボートのチームで、

1998年に相生市立看護専門学校の

卒業生や在校生で結成されました。

大人になるにつれてしんどいことは

やりたくなくなるものですが、

磯風漕友会の皆さんは、大会に向けて

一致団結して練習に励んでいて、

年齢に関係なく青春を味わっていて

うらやましいなと思いました。

「フジヤマ」でも日頃の練習の成果を出して、

勝てるように、磯風漕友会を応援しています。